保湿人気美容液ランキング

【保湿重視】これなら潤う!おすすめ人気美容液ランキング最新版

しっかり保湿ができる美容液を選ぼう

肌の老化は30歳過ぎから始まります

年齢を重ねてくると気になってくるのが乾燥やくすみ、シミ、シワ、たるみといった肌の老化ですよね

悲しいかな、肌の老化は30代ですでに始まってしまいます。しっかりお手入れをしないと40代でシミだらけなんてことにもなりかねません。

なんか最近肌が乾燥するな〜と思ったってたけどこれってもう老化が始まってるってことね。

そんなことにならないためにも、美容液で毎日しっかり肌の保湿ケアをすることがすごく重要です。

自分の年齢肌にあった保湿美容液でお手入れをしよう

ただ、ちゃんと自分の年齢肌に効果がある美容液を使わないと、その効果も半減してしまうので気を付けて。

せっかく毎日お手入れしても、のれんに腕押し状態では意味がありません。ただのお金の無駄遣いになってしまいます。

そこで、30歳を過ぎたらぜひ使うべき、人気の保湿美容液を厳選してランキング。

実際に試してみて、保湿効果が優れていてエイジングケア効果を感じた美容液ばかりをランキングにしてまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

実際に試してみて高い保湿力効果があった人気の美容液を厳選しました!

おすすめの保湿ランキングはこちらから

目次

美容液の基本についてチェック

おすすめ保湿美容液ランキングをご紹介する前に、美容液の基本についてみていきたいと思います。

そもそも美容液ってどんな種類があってどんな効果があるの?化粧水やクリームとどう違うの?

というのも、美容液ってどんな役割があって、どんな効果があって、どういう種類があるのかを知っておくと、実際に美容液を選ぶ際にすごく役立つからです。

このサイトで紹介できなかったものや、これから新しく発売されるものなど、様々な美容液の良し悪しを自分で判断できるようになりますからね。

美容液に関わらず化粧品はちゃんと根拠を持って選ぶと失敗しないので、ぜひ基本を理解しておきましょう。

美容液ってどんな役割や効果があるのか美容液の基本について一緒にみていきましょう

美容液の特徴や役割って?

そもそも美容液ってどんなもので、どんな役割があるんでしょうか。

美容液というのは有効な保湿成分がたくさん入っていて、肌の潤いを保つのに必要不可欠なスキンケア化粧品になります。

とにかく肌に保湿を与えるのに重要な役割を持っています。

基本的な構造は同じ

美容液は、化粧水や乳液、クリームと何が違うの?という点ですが、各化粧品の基本的な構造はどれも同じです。

化粧品の基本的な中身
  • 水溶性成分
  • 油溶性成分
  • 品質保持剤

各化粧品で違ってくるのは、この構造の中の「水溶性成分」と「油溶性成分」の配合の割合。

水溶性成分が多ければ化粧水に、油溶性成分が多ければクリームになります。乳液はクリームほどではないですが、油溶性成分が多めの化粧品になります。

では、美容液はどうかというと、ちょうどその中間に位置します。

水溶性成分と油溶性成分をバランスよく配合しているのが美容液という訳です。

美容液は水溶性成分と油溶性成分がバランスよく配合されているのがポイントです

化粧水は保湿効果がない?!

保湿、潤いって化粧水の役割じゃないの?と思っている人が結構いるかもしれないですが、実は違います。

何故かというと、化粧水の成分はほとんどが水と水溶性成分でできているからです。

水は肌につけてもすぐ蒸発してしまい奥まで浸透しません。セラミドなどの油溶性成分の配合が難しい点も△。

水は肌につけてもすぐ蒸発していってしまうので、実は肌の奥まで浸透していってはくれません。

さらに、保湿成分も水溶性のもの(天然保湿因子、コラーゲン、ヒアルロン酸など)に限られていて、保湿に重要な水分を抱え込んで逃がさない性質を持っている、「セラミド」や「レチシン」といった油溶性の脂質はほとんど入っていないんですね。

油溶性の成分を化粧水に使えるように水溶性にするには高度な技術がいるので、一般的な化粧水には配合できないのが現実という訳です。

なので、化粧水は保湿に優れた化粧品ではないんです。ぶっちゃけ、保湿だけを考えたら使用しなくても大丈夫だったりします。

そこで美容液。美容液は化粧水と違って水溶性の成分だけじゃなく、油溶性の成分も配合できるのが大きなポイント。

セラミドやレチシンなどの高保湿成分が配合しやすいので、肌の潤いを保つには最強のスキンケア化粧品なんです。

乳液やクリームは?

では、乳液やクリームはどうかというと、これは化粧水とは逆で、水溶性の成分が少なくて油溶性の成分が多く含まれる化粧品になります。

高保湿成分が配合しやすいのは美容液と同じですが、乳液やクリームのように油分が多すぎると、今度は肌にとって実はあまり良くないことが起きてしまうんです。

クリーム、乳液はセラミド自体は配合しやすいが、油分が多すぎて肌に負担がかかるのがデメリット。

油分を与え過ぎてしまうと、皮脂が増えてしまってニキビの原因になったり、肌を老化させる原因になったりするんですね。

なので、クリームは特に乾燥がヒドい部分に少量つけるのが正しい使い方になります。

美容液は有効な保湿成分がバランスよく配合されているので、美容液メインのスキンケアが◎。

という訳で美容液。美容液は有効な保湿成分がバランスよく配合されている化粧品なので、肌に潤いを与えるなら美容液が一番効果的なんです。

例えば、子育て中のママさんや、残業続きのOLさんなど、忙しくて丁寧なスキンケアができないといった場合、ひとつだけ化粧品を選んで使うとしたら、化粧水でもなく、クリームでもなく、迷わず美容液を選びましょう。

選ぶならどんな美容液がいい?

美容液ってたくさん種類があるけどどんなものを選べばいいの?

美容液の大切さが把握できたところで、次は美容液の種類についてみてみましょう。

美容液にも保湿をメインにしたもの、美白用、アンチエイジング用など、様々な種類がありますよね。

さらにテクスチャーもジェルタイプのものからローションタイプのもの、クリームタイプのものまで色々です。

固さも柔らかいものから固いものまであります。

この中でひとつ、コレという美容液を選ぶとしたらどれがいいのでしょうか。

保湿重視の美容液をメインに

メインで使う美容液は、スキンケアの基本となる保湿がしっかりできる保湿重視のものを選びましょう。

選ぶべきポイントは、くどいようですが保湿がしっかりできるかどうかです。なので、保湿重視の美容液を選ぶのがまず先決になります。

というのも、シミやシワ、くすみ、たるみ、ニキビといった肌トラブルのそもそもの大きな原因は肌の乾燥にあるからです。

美白もアンチエイジングも基本は保湿なんですね。

なので、まずひとつを選ぶとしたら、肌の潤いをアップさせることができる高保湿の美容液を選ぶようにしましょう。

美白などの美容液はプラスケアが効果的

美白やシミ、シワ対策などのアンチエイジング用の美容液は、保湿用にプラスして使用すると効果的。

美白用やアンチエイジング用などの美容液は、メインの保湿美容液を使用した後にプラスして使うようにすると非常に効果が高くなるのでおすすめです。

自分の肌質や肌状態に合った美容液を選びましょう

では、テクスチャー的にはどんな美容液がいいのでしょうか。

油が多いと白くしっとり重め、水が多いと透明でさっぱり軽い質感になります。自分の肌に合うものをチョイス。

比較的肌に優しいとされているのは、柔らかめのジェルタイプのもになります。

なので、敏感肌の人や、肌トラブルを抱えている人などは、固めよりも柔らかめのタイプがおすすめですね。

一般的に、油分の配合量が多いと白いジェルになって、しっとり重めのテクスチャーになります。

逆に、水分の配合量が多いと透明のジェルになって、さっぱり軽いテクスチャーになります。

美容液に入っている成分をチェックしながら、自分の肌質や状態に合わせたテクスチャーのものを選ぶようにしましょう。

保湿に効果的な成分は?

では、実際に美容液にはどんな成分が入っていると保湿に効果があるのかを具体的にみてみましょう。

ひとくちに保湿と言っても、その水分維持の仕方は保湿成分によってさまざまなんですが、大きく分けると下記のように3つのタイプに分かれます。

  • 水をはさみ込んで逃がさないようにする
  • 水分を抱え込んで逃がさないようにする
  • 水分を吸収して結合させる

この中で、肌の保湿に一番効果があるのは「水をはさみ込んで逃がさない」タイプの保湿成分になります。

肌の保湿に一番効果的なのは、セラミドやスフィンゴ脂質などの水をはさみ込んで逃がさないタイプの保湿成分。

このタイプの主な保湿成分が「セラミド」「スフィンゴ脂質」「レチシン」です。

つまり、これらの成分が配合された美容液を選ぶのがとても効果的になります。

⇒主な保湿成分の種類と役割はこちら

保湿効果が一番高いのがセラミド

色んな種類がある保湿成分ですが、これらの保湿成分の中でも特に保湿効果が高いのが「セラミド」になります。

保湿重視で美容液を選ぶなら、セラミドが配合されているものを選ぶのが一番効果があるのでおすすめになります。

そっかセラミドが入った美容液を選ぶといいのね!

保湿に欠かせないセラミドとは?

ひとくちにセラミドと言っても、美容液に配合されるセラミドには実は色々な種類があります。

種類によってセラミドの濃度や効果はまちまちなので、できるだけ濃度が高くて効果が高いセラミドが配合されている美容液を選びましょう。

具体的には「ヒト型セラミド」が効果が高いセラミドになります。

ヒト型セラミドが効果が高い

セラミドには「セラミド1」~「セラミド7」といった数字が入ったもの、その他、アルファベットや文字が入ったものなどがありますが、濃度が高く本物のセラミドと言われているのは、数字表記のものになります。

これが「ヒト型セラミド」です。

数字以外の文字だったり「セラミド」だけの表記のものは、濃度が低いものになるので注意しましょう。

ヒト型セラミドは、人間の皮膚に含まれるセラミドとほぼ同等の化学構造で作られているので、保湿力や浸透力に優れているのが特徴です。

中でも、「セラミド1」、「セラミド2」、「セラミド3」は特に高い保湿機能を持っています。

なので、セラミドが配合された美容液の中でも「セラミド1」、「セラミド2」、「セラミド3」が配合されているものを選ぶのがおすすめです。

セラミド1、2、3の特徴

「セラミド1」、「セラミド2」、「セラミド3」のそれぞれの特徴は下記の通りです。

●セラミド1
(N-フィトスフィンゴシン)
角質層の細胞間脂質同士をぴったりとくっつき合わせて、外部刺激からのバリア機能をサポートする働きがあります。
●セラミド2
(N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン)
セラミドの中で最も高い保湿効果を持っていて保湿機能をサポートする働きがあります。角質層の乾燥を防ぐことによってバリア機能も向上させます。
●セラミド3
(N-ステアロイルフィトスフィンゴシン)
保湿機能とシワの深さを軽減する働きがあります。セラミド2同様に保湿効果に優れています。

セラミド1、2、3は多くの化粧品に使用されていますが、特にセラミド2と3は保湿効果に優れているので、「セラミド2」、「セラミド3」が配合された美容液は非常におすすめになります。

【保湿重視】セラミド配合のおすすめ人気美容液ランキング

ということで、前置きがかなり長くなってしまいましたが、がっつり潤う保湿重視の人気美容液ランキングをご紹介します。

ヒト型セラミドが配合されていてトライアルセットが購入できる美容液を厳選してみました!

ポイントは「セラミド」です。ヒト型セラミドの「セラミド1」、「セラミド2」、「セラミド3」が配合されているものを中心に厳選しました。

それから、2つめのポイントが「トライアルセットがある」という点。

自分の肌に合うかどうかわからないのに、いきなり本品を購入するのはやっぱり躊躇してしまうと思うので、最初は安い価格でお試しができる美容液をピックアップ。

色々試してみて、自分に合った美容液を見つけていただけたらと思います。

おすすめの保湿美容液ランキング

【NO.1】アヤナス エッセンス コンセントレート(ディセンシア)

大人の乾燥肌、敏感肌用の濃密エイジングケア美容液

最も高い保湿効果がある「セラミド2」配合の敏感肌用エイジングケア美容液。オリジナル特許技術で外部刺激をブロック、肌のバリア機能をUPさせます。
最も高い保湿効果がある「セラミド2」配合
配合セラミド セラミド2

保湿重視のおすすめ人気美容液ランキング1位は、ディセンシアの「アヤナス エッセンス コンセントレート」です。

ディセンシアはポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランドで、アヤナスはその中の敏感肌用エイジングケアシリーズになります。

アヤナスの美容液は、セラミドの中で最も高い保湿効果を持っている「セラミド2」が配合されているのがポイント。

肌のバリア機能、ハリ・弾力がアップ

さらに、ポーラ研究所のオリジナル特許技術で外部刺激をブロックして肌のバリア機能をアップさせてくれる他、コラーゲン生成をサポートして、ハリ・弾力あふれる肌へと導いてくれるので、敏感肌に悩んでいる人でもしっかり保湿できてエイジングケアもできる美容液になります。

濃密なテクスチャーで保湿バッチリ

アヤナスの美容液はとろっとしたテクスチャーで濃密な感じになっているのが特徴ですね。

伸びがすごく良くて浸透性もバッチリ。肌がもちもちっとします。ベタつきはないのに潤いはハンパないので、すごくつけ心地がいいです。

ラベンダーのほのかな香りもいい感じ。

アヤナスの美容液はとにかく乾燥肌や敏感肌に悩んでる人におすすめですね。

美容液も入ったトライアルセットは1,480円(税込)になります。

⇒「ディセンシア アヤナス」のトライアルセットを実際に試したレビューはこちら

バリア機能をアップして、肌荒れを防ぐことで敏感肌を潤いある健康肌にUP

ディセンシア アヤナスをもっと詳しくみてみる

商品情報
容量
本体価格
36g/8,100円(税込)
トライアル
セット
初回限定 約45%OFF
1,480円(税込)送料無料

定期コース 10%OFF
7,290円(税込)送料無料
特徴 ●特許技術「ヴァイタサイクルヴェール®」により、外部刺激をブロック、徹底保湿することで肌のバリア機能をUP。

●コラーゲン産生量を170%アップするポーラ研究所オリジナル成分配合。ハリ・弾力のある肌に。

●ポーラ研究所の高い技術力、独自成分により、ダメージに負けない、肌荒れのないエイジレスな肌に。
返金保証 30日間全額返金保証付き
↓気になる方は下記バナーをクリック↓

【NO.2】エトヴォス モイスチャライジングセラム(エトヴォス)

5種類のヒト型セラミドをバランス良く配合した保湿美容液

5種類ものヒト型セラミドを高濃度に配合、湿度が0%になっても乾燥しないほどの保水力が魅力。ヒアルロン酸や天然保湿因子などの高保湿成分も配合。
5種類のヒト型セラミド配合
配合セラミド セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド5、セラミド6Ⅱ

保湿重視のおすすめ人気美容液ランキング2位は、「エトヴォス モイスチャライジングセラム」です。

エトヴォスの美容液は、5種類もの高濃度セラミドが配合されているのがポイント。

保湿効果が高いセラミド2、セラミド3の他、肌のバリア機能を維持するのに効果的なセラミド1も配合されていて、セラミドに特化した美容液になっています。

セラミド以外の高保湿成分もしっかり配合

セラミド以外でも保湿力が非常に優れている「ヒアルロン酸」や、空気中の水分や真皮からの水分を吸湿して肌に潤いを与える「天然保湿因子(NMF)」などの高保湿成分を配合しているのもポイント。

乾燥した肌をキメのととのったみずみずしい肌に導いてくれるのが特徴です。

肌に馴染みやすくベタつきもなし

エトヴォスの美容液は軽い乳液のようなテクスチャーですが、乳液ほどの油分はないので、肌に馴染みやすくベタつきもないです。

さらっとしてるのに潤いはしっかりあって、肌がもっちりするのがいいですね。

ラベンダーの香りがあるので、香り好きな人にもおすすめです。

美容液も入ったトライアルセット4点は2,052円(税込)になります。

⇒「エトヴォス モイスチャライジング」のトライアルセットを実際に試したレビューはこちら

セラミドの保湿効果と6種類の花エキスの整肌効果でみずみずしい肌に

エトヴォスをもっと詳しくみてみる

商品情報
容量
本体価格
50ml/4,320円(税込)
トライアル
セット
初回限定 約31%OFF
2,052円(税込)送料無料

定期コース 10%OFF
3,888円(税込)送料無料
返金保証 30日間全額返金保証付き
↓気になる方は下記バナーをクリック↓
【ETVOS(エトヴォス)】メイク・スキンケア

【NO.3】アスタリフト ジェリー アクアリスタ(富士フイルム)

ヒト型ナノセラミドを高浸透・高濃度配合したジェリー状先行美容液

洗顔後の素肌につけるジェリー状の先行美容液。ヒト型ナノセラミドで潤い、3種のコラーゲンでハリと弾力をUPします。
ヒト型ナノセラミドを高浸透・高濃度配合
配合セラミド セラミド1、セラミド3、セラミド6II

保湿重視のおすすめ人気美容液ランキング3位は、富士フイルムの「アスタリフト ジェリー アクアリスタ」です。

ジェリー アクアリスタは、アスタリフトシリーズの"先行"美容液。洗顔後の肌に一番最初につける美容液になります。

保湿効果に優れたセラミド3、肌のバリア機能をUPさせるセラミド1といったヒト型ナノセラミドを高浸透・高濃度配合しているのが特徴。

この美容液を先につけることによって化粧水の入り方が全然違ってくるのが大きな魅力ですね。

「アスタキサンチン」と「リコピン」のダブルの赤いチカラを配合

すばらしい美容パワーを持つ美肌成分「アスタキサンチン」に加えて、化粧品への配合が難しい「リコピン」を独自のナノテクノロジーを駆使して安定配合。

肌本来の美しさをサポートすることで、ハリと弾力をアップさせてくれる効果が期待できます。

ぷるぷる感が気持ちいい

ジェリー アクアリスタは、ぷるぷるしたジェリー状で、1度形を崩しても1~2分で元に戻るほどの弾力がある美容液です。

肌につけるとそのぷるぷる感がすごく気持ちいいですね。さらっとしていてベタつきがないのに潤いはしっかり。肌にもすっとなじんでくれます。

10日間分の美容液が入った「しあわせジェリー体感キット」は1,000円(税込)で購入できます。

セラミドと赤い美肌成分のアスタキサンチン、リコピンで潤いとハリ・弾力UP

アスタリフトをもっと詳しくみてみる

商品情報
容量
本体価格
40g/9,720円(税込)
リフィル:9,180円(税込)
トライアル
セット
一人1回限り
1,000円(税込)送料無料

定期コース 10〜15%OFF
本体:8,748円(税込)送料無料
リフィル:8,262円(税込)送料無料
返金保証 商品到着後8日以内に連絡(未開封に限る)
↓気になる方は下記バナーをクリック↓

【NO.4】ブルークレール リペアモイストWエッセンス(ブルークレール)

オーガニックコスメ人気No.1!乾燥小ジワ、年齢による乾燥肌用の美容液

10種類の肌成分、30種類の天然植物成分を天然湧水で配合。無添加にこだわって作られた国産のオーガニック美容液。肌に優しいエイジングケアが実現。
保湿効果に優れたセラミド3を配合
配合セラミド セラミド3

保湿重視のおすすめ人気美容液ランキング4位は、「ブルークレール リペアモイストWエッセンス」です。

ブルークレールは国産のオーガニック化粧品で、肌成分、天然植物成分、さらに水までもこだわった無添加美容液なので、肌に優しいのが特徴です。

さらに、保湿効果に優れたセラミド3が高配合されているので、無添加なのに保湿効果はバッチリ。

セラミド以外の保湿成分もたっぷり

ブルークレールの美容液は、セラミド以外にもコラーゲン、プラセンタエキス、ビタミンC誘導体、ヒアルロン酸といった高保湿成分も配合されているのがポイント。

乾燥による小ジワを目立たなくする効果や、顔の明るさ(トーン)を改善する効果が期待できます。

化粧水の前に使用する美容液

ブルークレールの美容液は、アスタリフト同様に化粧水の前に使用すると効果的。

透明でとっろとした濃厚なテクスチャーで伸びが良く、つけ心地もいい感じです。ローズの香りがすごく癒されますね。

美容液も入った全9点のトライアルセットは1,580円(税込)になります。

⇒「ブルークレール」のトライアルセットを実際に試したレビューはこちら

セラミドで潤いUP、乾燥による小ジワと顔のトーン改善効果も期待大。

ブルークレールをもっと詳しくみてみる

商品情報
容量
本体価格
50ml/8,640円(税込)
トライアル
セット
初回限定
1,580円(税込)送料無料

定期コース 初回限定 50%OFF
4,320円(税込)送料無料
2回目以降 5%OFF
8,208円(税込)送料無料
返金保証 なし
↓気になる方は下記バナーをクリック↓

【NO.5】ノブ Ⅲ バリアコンセントレイト(常盤薬品工業)

臨床皮膚医学に基づいて考えた、敏感肌のための高保湿美容液(医薬部外品)

臨床皮膚医学に基づいた敏感肌のための高保湿美容液。セラミドの液晶化技術で肌のバリア機能をサポート、刺激や乾燥に負けない健康な肌へ導いてくれます。
セラミド液晶化技術によって浸透力UP
配合セラミド セラミド3

保湿重視のおすすめ人気美容液ランキング5位は、常盤薬品工業の「ノブ Ⅲ バリアコンセントレイト」です。

ノブⅢは1998年発売のロングセラーシリーズで、定期的に成分・処方のリニューアルを行うことで、最新の臨床皮膚医学の知見を取り入れている化粧品ブランドです。

ノブⅢの美容液は、乾燥肌やシワの予防にもなる優れた保湿効果を持っている「セラミド3」を配合し、さらにセラミド液晶化技術によって浸透力を高めているのが特徴。

肌の奥から潤いを与えてくれるので、しっとりしたもっちり肌が期待できます。

肌のバリア機能をサポート

ノブⅢの美容液は、セラミド3の他、「スクワラン」、「アミノ酸」といった肌のバリア機能をサポートしてくれる成分を配合しているのも大きなポイント。

敏感肌の原因である肌のバリア機能の低下をアップさせて、さらに「ヒアルロン酸」をはじめとした4つの美容成分で敏感肌を美肌に導いてくれる効果が期待できる美容液です。

無香料、無着色で低刺激

ノブⅢの美容液は、クリームに近い少し重めのテクスチャーになっています。少量でもよく伸びますね。

つけた翌朝は肌がもっちりして弾力がアップした感じになります。

こちらは無香料になるので、低刺激の高保湿美容液を探している人におすすめです。

10回分のお試しができる美容液が入ったトライアルセットは、1,620円(税込)になります。

セラミドで潤いの浸透力UP、肌のバリア機能をサポートしてもっちり肌に。

ノブⅢをもっと詳しくみてみる

商品情報
容量
本体価格
30g/5,400円(税込)
トライアル
セット
初回限定
1,620円(税込)送料無料

定期コース なし
返金保証 商品到着後10日以内に連絡(未開封に限る)
↓気になる方は下記バナーをクリック↓

【NO.6】米肌 肌潤改善エッセンス(コーセー)

セラミドを作り出すライスパワーエキスNo.11を配合した薬用美容液(医薬部外品)

水分保持能を改善する唯一の成分「ライスパワーエキスNo.11」を配合することでセラミドを生産。自ら潤いを創り出す肌に導いてくれる医薬部外品の美容液。
ヒト型ナノセラミドを高浸透・高濃度配合
有効成分 ライスパワーNo.11

保湿重視のおすすめ美容液ランキング人気6位は、コーセーの「米肌 肌潤改善エッセンス」です。

米肌 肌潤改善エッセンスは、セラミド自体は配合されていませんが、医薬部外品の効能としてセラミドを生産する効果がある「ライスパワーエキスNo.11」を配合しているのが大きな特徴です。

ライスパワーエキスNo.11は、お米を長時間発酵、熟成させて作り出していて、水分保持能を改善する唯一の成分として効果が認められている成分。

乾かない肌を創るのと同時に「お米」と「発酵」の力で、ふっくらとした潤い肌が期待できる薬用美容液になっています。

空気中の水分まで取り込んで抱え込む

米肌の美容液は「乳酸NA」、「グリコシルトレハロース」といった美容成分を配合していて、肌内部の水分だけじゃなく、空気中の水分まで自ら取り込んで抱え込むことで、乾燥や紫外線などの外部の刺激から肌を守ってくれるのもポイント。

肌本来の美しさを取り戻して、キメ細かく透明感のある肌に導いてくれます。

みずみずしいテクスチャーで低刺激の美容液

米肌 肌潤改善エッセンスは、みずみずしい感じの弾力があるジェルといったテクスチャー。浸透がよくて伸びもいいのが特徴です。

ベタつきはなく、でも肌はしっかり潤う感じですね。こちらも無香料で低刺激の美容液になります。

美容液も入っているトライアルセットは1,620円(税込)です。

セラミドを生産して保湿、コーセー独自の浸透技術で内側から潤う肌に。

米肌 肌潤改善エッセンスをもっと詳しくみてみる

商品情報
容量
本体価格
30ml/7,560円(税込)
トライアル
セット
初回限定
1,620円(税込)送料無料
定期コース 7,560円(税込)送料無料
初回にもう1品プレゼント
返金保証 商品到着後8日以内に連絡(未開封に限る)
↓気になる方は下記バナーをクリック↓

主な保湿成分の種類と役割

主な保湿成分を各タイプごとにまとめてみました。

主な保湿成分
1:水をはさみ込んで逃がさないもの

水をサンドイッチ状にはさみ込むことで、逃がさずに維持する性質を持っている保湿成分。

肌の表皮の保湿力を高める役割をしています。

●セラミド

セラミドは角質細胞間脂質の一種で、保湿成分の中でもいちばん保湿力の高い成分になります。

角質細胞間脂質というのは、角質細胞どうしをつなぎとめる役割をしているもので、これによって水分を保持したり、肌のバリア機能を保ったりしています。

細胞間脂質の約50%がセラミドと言われています。

●スフィンゴ脂質

セラミド同様に角質細胞間脂質のひとつで、角質細胞どうしをつなぎとめる役割をしています。

セラミド同様に水分をはさみ込んで維持すること、さらに外部刺激から肌を守る働きをしていますが、セラミドほどの保湿力はありません。

●レシチン

レシチンは大豆から取れるリン脂質の成分で、肌への浸透性を高める効果があるのが特徴。

セラミドと同じように細胞間脂質の中に入り込み、水分を保持する働きがあり、保湿剤として使われています。

価格は安いですが、その分セラミドよりも保湿力は弱くなります。

2:水分を抱え込んで逃がさないもの

水分をたくさん抱え込むことで維持する性質をもつ保湿成分になります。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は皮膚の真皮にあるゼリー状の物質で、コラーゲンやエラスチンの間を埋め尽くしている保湿成分です。

保湿力が非常に高く、乾燥した空気の中でも水分を逃がさない性質があり、さらに肌の弾力とうるおいを保持する役割もあります。

ヒアルロン酸は分子量が大きいので、肌に塗っても真皮まで届くことはありません。

コラーゲン

コラーゲンは、皮膚の真皮にあって、肌の弾力を保つことができる繊維状の保湿成分です。

コラーゲンは、急激に減少したり変性したりすると、肌の弾力が失われて、シワやシミの原因となります。

コラーゲンもヒアルロン酸同様に分子量が大きいので、真皮までは浸透することはなく、化粧品に配合されているのは、表皮の保湿力を保つものになります。

エラスチン

エラスチンは、コラーゲンと同じで真皮にある繊維状の成分で、真皮の約5%を占める保湿成分です。

コラーゲンをつなぎ止めて、肌の弾力を保つ働きをしています。

こちらも化粧品に配合されているのは、真皮までは浸透することはなく、表皮の保湿力を保つものになります。

3:水分を吸収して結合するもの

水分を吸収して結合する性質を持っている保湿成分です。湿度が低いと保湿力が低下してしまうのがデメリットになります。

天然保湿因子(NMF)

天然保湿因子(NMF)は、角質細胞内にある保湿成分です。

アミノ酸、尿素、ピロリドンカルボン酸などの様々な種類があり、空気中の水分や真皮からの水分を吸湿して肌に潤いを与える役割をしています。

保湿力はあまり強くないですが、サラッとした使用感で肌になじみやすいのが特徴です。

グリセリン

グリセリンは、植物や海藻などにも含まれている自然界に存在する天然成分です。

毒性がほとんど無いことからアレルギーの心配が少ないので、化粧品や医薬品などに幅広く利用されています。

強い吸湿性があるのが特徴で、乾燥による肌荒れ、ひび、あかぎれなどに効果がある成分になります。

PG(プロピレングリコール)

PG(プロピレングリコール)は、抗菌作用がある保湿剤として古くから使用されてきた成分です。

現在では1.3BG(ブチレングリコール)のほうがよく使われています。保湿力はあまり高くありません。

1.3BG(ブチレングリコール)

1.3BG(ブチレングリコール)は、アルコールの一種で、吸湿力がある成分です。

さまざまな化粧品に配合されていますが、グリセリンよりもサラッとしていて吸湿性がゆるやかで、皮膚への刺激や毒性が少ないという特徴があります。

吸湿能力が湿度にが左右されにくいのも大きな特徴です。

おすすめの保湿ランキングはこちらから